2009年6月21日日曜日

CSVファイル出力

今回は、シートのデータをCSVファイルへ出力します。

CSVとは、カンマ・セパレート・バリューの略で、データをカンマで区切る形式の事で、構造が簡単なので、広く用いられています。

EXCELは、ファイル保存する時に、CSV形式で出力する事ができるので、このプログラムは、あまり、意味がないですね!

詳しくは、ソースとコメントを見てね!

Public Sub CSV出力()
  Dim Rtn As Integer
  Dim i As Integer
  Dim wFNo As Integer
  '実行確認メッセージ
  Rtn = MsgBox("CSV出力を実行しますか?", vbQuestion + vbYesNo)
  If Rtn = vbNo Then
     Exit Sub
  End If
  'ファイル番号を取得する
  wFNo = FreeFile
  'CSVファイルをOPENする
  Open "C:\計算.csv" For Output As #wFNo
  i = 1
  'ループ(繰り返し)の開始
  Do
     i = i + 1
     '該当行の1列目が空白(空値)の場合
     If Cells(i, 1) = "" Then
        'ループを抜ける
        Exit Do
     End If
     'CSV形式にて、1行出力する。
     Write #wFNo, Cells(i, 1), Cells(i, 2), Cells(i, 3)
  'ループの終了
  Loop
  'ファイルをクローズする
  Close
  '実行結果確認メッセージ
  MsgBox "CSV出力が終了しました。", vbInformation + vbOKOnly
End Sub

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿